日本スカルプケア協会の活動


自動洗髪機 / Yasuo Kida

 

スカルプケアは、今ではかなり多くの方々に知られるようになりました。髪の毛に悩みのある方、頭皮にトラブルがある方などにとって、スカルプケアは健康な頭皮のために必要です。

 

このスカルプケアには協会があり、これから益々進むと言われている高齢化社会に対応するために、いろいろな活動を行っています。日本スカルプケア協会では、より多くの方にスカルプケアを知ってもらおうと言うコンセプトで行っているので、個人でも関連商品を扱いたいと言う希望のある方や、推進活動を行いたい方のために、会員登録を行っています。

 

また、法人や個人でも事業年度単位で会員になることができるようになっています。会員になれば日本スカルプケア協会が主催する勉強会などに参加することができます。

 

これによって、正しい知識を身に付けることができるので、推進活動を行いやすくなりますね。年に大体4度程度のニュースレター発行をしていて、最新の情報も会員の方に伝えるようにしています。

 

日本スカルプケア協会の主な活動は、普及、乱立防止、広報などです。スカルプケアに関連している商品の調査では、スカルプケア用品が揃うようになると、擬似類品やスカルプケア効果のない商品までがスカルプケアとして店頭に並ぶことがあります。また、適正な価格で販売されているのかなども調査していきます。

 

そして、正しいスカルプケアの方法を伝えるために普及活動を行っています。意外に間違った方法でスカルプケアを行っている方が多いので、正しく効果のある方法を伝えています。また、情報収集を行って、多くの方にタイムリーな情報を流す広報的な活動もしています。

MONG HANG(バンド)の解散

ヴォーカルBAやギターのケイタイモを中心にバンド活動をしていたMONG HANG(バンド)。
そのパフォーマンスは日本のみならず、世界中で行われ数々の実績を残しました。

彼らの音楽は独特で、英語なのか、アフリカの言語なのか架空言語を
迫力のある音楽に合わせて歌い上げているのが特徴です。

結成された1996年から解散までの12年間の間走り続けてきたMONG HANG(バンド)。
本当なら、もっと活動していたであろうMONG HANG(バンド)に悲劇が襲ったのは、2008年8月のことです。
MONG HANG(バンド)のドラマーであったアツシタナカ(田中篤)が
登山中に落下事故にあい、死去しました。
追悼イベントにはMONG HANG(バンド)とアツシタナカを慕う人たちで
あふれかえりました。

その2008年11月に解散することになったのです。
新しいドラマーを迎えて、新生MONG HANG(バンド)としてスタートすることもできたのですが、
解散という道を選ぶことを決めた彼ら。
いつの日か、復活ライブを行うことを心待ちにしているファンも多いことでしょう。

MONG HANG(バンド)の活躍

MONG HANG(バンド)のバンド名の由来は実は特にないのです。
もともと、歌の歌詞も音の響きや雰囲気で作っているMONG HANG(バンド)。
MONG HANG(バンド)という名前も
音の響きで「モン」がいいということで選んだとか。

注目されるのはその活躍です。
2000年9月にイラクで「バビロン・フェスティバル」というイベントに参加しました。
それ以来、海外での活躍も行うことになります。

独特のパフォーマンスが見る人を圧倒させてくれるMONG HANG(バンド)の音楽。
唯一無二という言葉がピッタリのMONG HANG(バンド)の曲たちは、
ロック、ハードコア、トランス、民族音楽などといったさまざまなジャンルを飛び越えて
オリジナルのジャンルを作り上げたといっても過言ではないかもしれません。

残念ながら、MONG HANG(バンド)は2008年に解散し
現在は、生でライブを見ることはできませんが、
いつの日か、復活ライブをしてくれることをファンは願うばかりです。

MONG HANG(バンド)とは

MONG HANG(バンド)とは、ボーカルBA。ベースケイタイモら
メンバー6人で結成された日本のバンドです。

結成されたのは、1996年。
東洋大学のサークルメンバーによって作られました。

それから、2008年11月の解散まで約12年もの間、
アメリカや、イラクなど世界中を飛び回る活動を行ってきたのがMONG HANG(バンド)です。

MONG HANG(バンド)のアルバムは、
FAMILY(1999/3/25) ・MONGHANG(2001/10/17) ・DEBAKATA(2005/09/07) の3枚。
他に、オムニバスを4枚発売しています。

どのアルバムも、MONG HANG(バンド)独特の架空言語や変拍子を使用しており、
ファンにはたまらない曲が集まっています。
その独特の架空言語には意味はなく、音の響きだけで作っているそう。
一見アクが強いように思われるMONG HANG(バンド)だが、
一度聞くと癖になると止まらない、という彼らの魅力を兼ね備えている。